えひめ国体のようす

平成29年10月1日(水)〜4日(日) セーリングの様子

帆(セール)に風を受けて風の力だけで水上を帆走するスピードを競います。

 国体では、ヨット4艇種(470級、420級、セーリングスピリッツ級、レーザー級)男女8種目、ウインドサーフィン男女2種目が行われます。大会当日に風向・風力に合わせて設定されたコースで、47都道府県の艇が一斉にスタートし、海面に3~4個のブイを設置したコースを周回し、順位を競います。レースは最大で6回実施され、最も悪い順位を除いた順位の合計で成績が決まります。
スタートの駆け引きは、レースを左右する重要なポイントで、各競技艇はスタートまでの間、スタートライン付近で、位置取りやそのタイミングを計ります。スタート後は、いかに有利な風をうまくつかんで、早くゴール(フィニッシュ)するか、選手の技術・体力・知識・戦術の勝負になります。

《愛顔つなぐえひめ国体ホームページより》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

えひめ国体結果

次の記事

えひめ国体表彰式